マイホームを購入したため、12月に火災保険と地震保険に加入しました。この場合、地震保険料控除はどのように計算するのですか? - 地震保険の加入中 - 保険相談 見直し.jp – 岩手|谷地保険事務所

HOME > 目的別保険相談 > マイホームを購入したため、12月に火災保険と地震保険に加入しました。この場合、地震保険料控除はどのように計算するのですか?

地震保険の加入中

マイホームを購入したため、12月に火災保険と地震保険に加入しました。この場合、地震保険料控除はどのように計算するのですか?

2019年11月01日
保険選びのコツ

【ご相談事例】

マイホームを購入したため、火災保険に加入しました。
合わせて地震保険に加入しましたが、加入したのが12月でした。
この場合、地震保険料控除はどのように計算するのですか。

【ご回答】

地震保険には、その年に支払った保険料について、保険料の金額に応じて控除を受けられる「地震保険料控除」があります。

地震保険料控除は、その年に支払った1年分の保険料が対象となるため、12月に保険料を支払った場合でも、1年分の保険料が控除の対象となります。

ただし、保険の契約期間が2年以上の場合、2年目以降については、翌年に地震保険料控除を受けることになり、申告に必要な保険料控除証明書は翌年の10月頃に郵送されてくるかと思います。

不明な点は、地震保険を契約した保険会社に問い合わせ、確認しておくといいでしょう。

地震保険料控除については、以下のようになっています。

●その年に支払った地震保険料

・5万円以下の場合…支払った保険料の全額
・5万円以上の場合…一律で5万円

なお、平成19年分から損害保険料控除が廃止されたのに伴い、経過措置として以下の要件を満たす一定の長期損害保険契約等に係る損害保険料について、地震保険料控除の対象とすることができます。

・平成18年12月31日までに締結した契約で、保険期間又は共済期間の始期が平成19年1月1日以後のものは除く

・満期返戻金等のあるもので保険期間又は共済期間が10年以上の契約

・平成19年1月1日以後にその損害保険契約等の変更をしていないもの

また、地震保険料と長期損害保険料の双方がある場合、それぞれの方法で計算した金額の合計額が5万円を上限に控除を受けることができます。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 榊原昌宏

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら 株式会社谷地保険事務所

営業時間/月~土曜 8:30~17:30(日曜日は予約可)

TEL:0192-26-3000/FAX:0192-27-0850

〒022-0002
岩手県大船渡市大船渡町字地ノ森48-11

公共交通機関をご利用の場合

岩手県交通 富沢バス停より南東の方角へ徒歩5分(45号線を南下し岩手トヨペット大船渡支店様前の交差点を左折)

岩手県交通 赤沢新田バス停より北東の方角へ徒歩5分(45号線を北上し岩手トヨペット大船渡支店様前の交差点を右折)

盛岡支店
TEL:019-613-4521/FAX:019-613-4520

〒020-0022
岩手県盛岡市大通り3丁目1-12
(クロステラス様向かい)

アクセスマップ
全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

HOME | 無料相談 | 保険選びのコツ | お客様の声 | お問い合わせ | プロフィール | 会社案内 | 個人情報保護・勧誘方針  | サイトマップ | お役立ちリンク